スポンサードリンク

アミノ酸シャンプーの材料にも

アミノ酸シャンプーの材料にも

低刺激で頭皮に優しく、頭皮がデリケートな体質の方から、最近髪の毛の本数が減ってきて…といった薄毛で悩む方にも人気のアミノ酸シャンプーですが、原料としてアルギニンが使われている物があります。

もともとシャンプーには「界面活性剤」という成分が入っています。この界面活性剤は水と油といった本来混ざり合わない物同士を混ざりやすくする作用があり、そのため皮脂などの汚れを洗い流すことができます。

しかし、市販のシャンプーに入っている界面活性剤はラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムといった、高級アルコール系の界面活性剤で泡立ちがよく洗浄力が高い反面、肌への刺激が強いといった欠点があります(現在主流のラウレス硫酸ナトリウムは、ラウリル硫酸ナトリウムよりは刺激が少ないとされています)。

そのため、脂肪酸をアルカリで鹸化して作る石鹸を主成分とした石鹸シャンプーが低刺激なシャンプーとして登場しました。

アミノ酸シャンプーは、さらにアミノ酸を使い通常の石鹸シャンプーよりさらに低刺激を謳ったものです。大きく分けるとベタイン(トリメチルグリシン)系、ココイル(ココイルグルタミン酸Na)系、メチルアラニン系などにわけられますが、「ヤシ油脂肪酸アルギニン」という成分でアルギニンが使われたアミノ酸シャンプーも存在します。

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは、洗浄力こそ弱いですが低刺激で肌に優しく洗髪後のしっとりとした使用感が特徴です。アルギニンはこのようにシャンプーの成分としても使われています。


スポンサードリンク