スポンサードリンク

アルギニンとシトルリン

シトルリンとは、1930年に日本でスイカの中から発見されたアミノ酸の一種で、人体では肝細胞内の尿素回路でオルニチンとカルバモイルリン酸の反応によりリン酸と共に合成されます。シトルリンはアスパラギン酸とATPとの反応によりアルギニンが生成されます。そのためシトルリンはアルギニンの前駆体と言えるアミノ酸です。

体内でアルギニンに変わるため、シトルリン摂取によって期待される効果はアルギニンと殆ど同じです。つまりシトルリンを摂取することで結果的に血中のアルギニン濃度が高まり、一酸化窒素(NO)の血管拡張作用や、成長ホルモンの分泌といった効果が期待できるとされています。ただし、それら効果の研究はアルギニン単体摂取に対しまだまだ少なく、どれくらいの量のシトルリンを摂取すれば効果が期待できるのかなどは、まだわかっていない部分が多いです。

一説によるとシトルリンはアルギニンより非常に吸収性が良く、アルギニンより少ない量で血中のアルギニン濃度を高めるとされています(同じ量のアルギニンの1.6倍と言われています)。またアルギニンのように高い塩基性(アルカリ)ではなく、アルギニンと比較して消化器に負担をかけません。日本では2007年から食品としての利用が可能になり、スポーツドリンクや男性器増大・ED関連のサプリメントに使用され始めています。

このように飲みやすく吸収性もよいとされているのがシトルリンの利点ですが、アルギニンと比較してまだまだ価格が高く3倍程度もの価格差があります。そのためあえてアルギニンからシトルリンへ変更する必要はあまり無いと言えるのが現状です。ただし今後のシトルリン普及による価格の低下や、シトルリンについての研究が増えてくればこれは変わるかもしれません。


スポンサードリンク