スポンサードリンク

アルギニンを多く含む食品

アルギニンはどのような食品に多く含まれるのでしょうか?アルギニンはアミノ酸の一種ですので、大雑把に言うと蛋白質を多く含む食品には比較的多くのアルギニンが含まれています。しかし食品中の蛋白質を構成するアミノ酸の比率は食品により異なりますので、蛋白質が多い食品でもアルギニンの含有量が少ない食品もあります。

アルギニンを多く含む食品は鶏肉・マグロ・海老・大豆製品・アーモンドやごまなどのナッツ類です。
100gあたりで各食品のアルギニン含有量となります。

ぶたゼラチン 7900mg
干し湯葉 4400mg
かつお節 4300mg
乾燥高野豆腐 4100mg
落花生 3200mg
ごま 2700mg
大豆(乾燥)2700mg
くるみ 2200mg
アーモンド 2100mg
くるまえび 2000mg
しばえび 1700mg
油揚げ 1600mg
鶏むね肉皮なし 1500mg
しゃこ 1400mg
クロマグロ 1400mg
豚ロース 1300mg
牛ひき肉 1300mg

注意点として、アルギニン含有量は遊離アミノ酸の状態ではなく蛋白質を構成しているアルギニンとの総量となりますので、サプリメントとして摂取する場合の吸収過程と若干異なるということです(サプリメントより吸収性が悪いということが想定されます)。肉類・魚介類などは新鮮であればあるほど蛋白質の分解が進んでいないため、遊離アミノ酸としてのアルギニンは少なくなります。

湯葉や高野豆腐などは乾燥しているためアルギニンの含有量は多いですが、実際に摂取する際には水で戻すため量が多くなるので注意が必要です。またナッツ類もアルギニンの含有量が多いですが、ナッツ類は総じて脂肪の含有量も多く沢山の量を摂るには不向きです。

毎日の食事の中で比較的多くの量を摂取できるのは肉類や海老などの魚介類、あとは大豆製品かと思います。食品からアルギニンを効率良く摂るにはこれらの食材を中心に、ごまやナッツ類を取り入れると良いでしょう。


スポンサードリンク