スポンサードリンク

アルギニンを多く含む食品

アルギニンを多く含む食品

アルギニンを含む食品はどのような物でしょうか?アルギニンは蛋白質を構成しているアミノ酸の一種ですので、大雑把に言ってしまうと蛋白質を多く含む食品がアルギニンを含む食品と言えます。しかし食品中の蛋白質を構成するアミノ酸の比率は食品により異なりますので、蛋白質が多い食品でもアルギニンが含まれる量が少ない食品もあります。

アルギニンを多く含む食品は鶏肉・マグロ・海老・大豆製品・アーモンドやごまなどのナッツ類です。
以下は食品100gあたりでアルギニンが含まれる量となります。

ぶたゼラチン 7900mg
干し湯葉 4400mg
かつお節 4300mg
乾燥高野豆腐 4100mg
落花生 3200mg
ごま 2700mg
大豆(乾燥)2700mg
くるみ 2200mg
アーモンド 2100mg
くるまえび 2000mg
しばえび 1700mg
油揚げ 1600mg
鶏むね肉皮なし 1500mg
しゃこ 1400mg
クロマグロ 1400mg
豚ロース 1300mg
牛ひき肉 1300mg

注意点として、食品のアルギニンが含まれている量は遊離アミノ酸の状態ではなく、食品の蛋白質を構成しているアルギニンとの総量となりますので、サプリメントとして摂取する場合の吸収過程と若干異なるということです(蛋白質→ペプチド→アミノ酸という過程で分解される都合上、アルギニン単体で摂取するサプリメントより吸収性が悪いということが想定されます)。肉類・魚介類などは新鮮であればあるほど蛋白質の分解が進んでいないため、遊離アミノ酸として含まれるアルギニンは少なくなります。

湯葉や高野豆腐などは乾燥しているため、一見アルギニンが含まれている量は多いように思われますが、実際に摂取する際には水で戻すため量が多くなるので注意が必要です。またナッツ類もアルギニンが含まれている量が多いですが、ナッツ類は総じて脂肪の含有量も多く沢山の量を摂るには不向きです。

毎日の食事の中で比較的多くの量を摂取できるのは肉類や海老などの魚介類、あとは大豆製品かと思います。アルギニンが含まれる食品から効率良くアルギニンを摂るにはこれらの食材を中心に、ごまやナッツ類を取り入れると良いでしょう。

しかしながら、やはりサプリメントで一定量を摂取した場合、同じ量を食品からアルギニンを摂取した場合と比較して、明らかに効果の実感に違いがあります。

様々な研究で効果が認められた量を、アルギニンを含む食品だけで摂ろうとすると、その食品を食べなければならない量もかなり多くなりますので、当サイトとしてはサプリメントでの摂取をおすすめします。


スポンサードリンク
Similar Posts
女性にも嬉しいアルギニンの効果とは?
女性にも嬉しいアルギニンの効果とは?
アルギニンの効果は女性よりも男性に向いた物が多く、女性でアルギニンサプリを利用している方は少数派かもしれませんが、アルギニンの効果には女性とっても有用な物がいくつかあります。 まず、アルギニンの効果の中で最も実感すること...
アルギニンの中和について
アルギニンの中和について
アルギニンは蛋白質を構成するアミノ酸であり、私たちの体内でも一定の量が合成されています。アミノ酸であるため蛋白質の多い食品にも豊富に含まれており、もともと体外からの摂取による副作用も少ない成分ではありますが、サプリメント...
効果的な摂取量は?
効果的な摂取量は?
アルギニンをサプリメントなどで摂取する場合、いったいどのくらいの摂取量が効果的なのでしょうか? 成長ホルモンの分泌や一酸化窒素(NO)生成などによるアルギニンの効果を報告する様々な文献によると、概ね大人で1日あたり2g~...