スポンサードリンク

アルギニンの効果

アミノ酸・アルギニンの効果については様々なものがありますが、とりわけアンモニアから尿素を生成する代謝回路である「尿素回路」において、アルギニンは中間体として作用し酵素のアルギナーゼによってオルニチンと尿素に分解され、人体にとって毒素となるアンモニアの解毒に大きく関わっています。そのためアルギニンを摂取することで体内のアンモニアの解毒を促し、疲労回復の効果を期待することができます。

そしてアルギニンは細胞内で一酸化窒素合成酵素により一酸化窒素となります。この一酸化窒素は血管拡張作用があり、マクロファージの活性化や神経伝達物質としても作用するため、アルギニンを摂取することで体内の一酸化窒素合成が促進し、動脈硬化、高血圧、EDなどの症状における血流の改善や、免疫力の向上、認知症の予防などの効果も期待できます。

またアルギニンは成長ホルモンの生成にも関わっています。成長ホルモンは骨端の軟骨細胞の分裂・増殖を促したり、タンパク質合成を促進する効果があります。成長ホルモンは脳にある下垂体というところで生産されますが、アルギニンはこの成長ホルモンの材料であり、さらに成長ホルモンそのものの分泌を促すとも言われています。

そのためアルギニンを摂取することで、成長期における骨の成長促進や、トレーニングにおける筋力アップ、またコラーゲンの生成促進によるアンチエイジングなどの効果も期待することが出来ます。

このようにアルギニンの効果は様々ですが、大きく分けるとアルギニンによる一酸化窒素合成によるものと、成長ホルモン分泌によるものとに分けられることがわかります。アルギニンの効果は成長期の子供だけでなく、成長期を終えた大人にも重要なものばかりなので、アルギニンは積極的に摂るべきアミノ酸と言えるでしょう。


スポンサードリンク