スポンサードリンク

アルギニンの効果

アルギニンの効果

アミノ酸・アルギニンの効果については様々なものがありますが、とりわけアンモニアから尿素を生成する代謝回路である「尿素回路」において、アルギニンは中間体として作用し酵素のアルギナーゼによってオルニチンと尿素に分解され、人体にとって毒素となるアンモニアの解毒に大きく関わっています。そのためアルギニンを摂取することで体内のアンモニアの解毒を促し、疲労回復の効果を期待することができます。

そしてアルギニンは細胞内で一酸化窒素合成酵素により一酸化窒素となります。この一酸化窒素は血管拡張作用があり、マクロファージの活性化や神経伝達物質としても作用するため、アルギニンを摂取することで体内の一酸化窒素合成が促進し、動脈硬化、高血圧、EDなどの症状における血流の改善や、免疫力の向上、認知症の予防などの効果も期待できます。

またアルギニンは成長ホルモンの生成にも関わっています。成長ホルモンは骨端の軟骨細胞の分裂・増殖を促したり、タンパク質合成を促進する効果があります。成長ホルモンは脳にある下垂体というところで生産されますが、アルギニンはこの成長ホルモンの材料であり、さらに成長ホルモンそのものの分泌を促すとも言われています。

そのためアルギニンを摂取することで、成長期における骨の成長促進や、トレーニングにおける筋力アップ、またコラーゲンの生成促進によるアンチエイジングなどの効果も期待することが出来ます。

このようにアルギニンの効果は様々ですが、大きく分けるとアルギニンによる一酸化窒素合成によるものと、成長ホルモン分泌によるものとに分けられることがわかります。アルギニンの効果は成長期の子供だけでなく、成長期を終えた大人にも重要なものばかりなので、アルギニンは積極的に摂るべきアミノ酸と言えるでしょう。


スポンサードリンク
Similar Posts
女性にも嬉しいアルギニンの効果とは?
女性にも嬉しいアルギニンの効果とは?
アルギニンの効果は女性よりも男性に向いた物が多く、女性でアルギニンサプリを利用している方は少数派かもしれませんが、アルギニンの効果には女性とっても有用な物がいくつかあります。 まず、アルギニンの効果の中で最も実感すること...
アルギニンの中和について
アルギニンの中和について
アルギニンは蛋白質を構成するアミノ酸であり、私たちの体内でも一定の量が合成されています。アミノ酸であるため蛋白質の多い食品にも豊富に含まれており、もともと体外からの摂取による副作用も少ない成分ではありますが、サプリメント...
効果的な摂取量は?
効果的な摂取量は?
アルギニンをサプリメントなどで摂取する場合、いったいどのくらいの摂取量が効果的なのでしょうか? 成長ホルモンの分泌や一酸化窒素(NO)生成などによるアルギニンの効果を報告する様々な文献によると、概ね大人で1日あたり2g~...