スポンサードリンク

アルギニンとは何か?

アルギニンとはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、私たちの体に欠かせない栄養素の一つです。

アミノ酸は私たちの体内で合成が可能な非必須アミノ酸と、合成することができず食物から摂取する必要のある必須アミノ酸に大別されますが、アルギニンは体内で合成されるアミノ酸のため、基本的には非必須アミノ酸に分類されます。

しかし人体のアルギニンの合成能力はあまり高いわけではなく成長期の子どもや、外傷・長期入院などによる褥瘡・感染などの状態下においては、免疫の活性化、たんぱく質・コラーゲンの生成促進といった目的で、外部からの十分なアルギニン補給補給が望ましいとされるため、条件付き必須アミノ酸などとも呼ばれています。

その他、肝細胞内の尿素回路で体内のアンモニア排出に関わっていたり、酵素によって一酸化窒素に変化し血管を拡張させ血流を改善する作用があるアミノ酸であることから、スポーツの他にも循環器系疾患やEDなど非常に多くの分野で注目されている成分であります。

アルギニンはアミノ酸の一種ですのでたんぱく質を多く含む食品からも比較的コンスタントに摂取することが可能ですが、非常に吸収性の悪いアミノ酸でありより効率良く体内に吸収するにはやはりサプリメントが有効となります。


スポンサードリンク